Home > よくあるご質問 > よくあるご質問への回答


よくあるご質問

臓器移植全般


Q 1  臓器提供意思表示カードを所持する場合に何か条件がありますか

A 1

特にありません。検査の必要もありません。また、どこかに届け出ることも必要ありません。
ご自分の意思を記入して、携帯するだけです。考えが変われば、訂正することも可能です。
カードに記入した意思はいつ活かされるかわかりませんので、意思を記入したカードは、常時携帯してください。
意思表示カードには家族の署名がなくても有効です。
しかし、あなたの気持ちを家族が知らないと、せっかくの意思が活かされない場合があります。
家族に自分の臓器提供に関する意思と、意思表示カードを持っていることを伝え話し合うことが大切です。

戻る



Q 2  臓器提供意思表示カードはどこで手に入りますか

A 2

臓器提供意思表示カードは、県の施設、保健所、市町村役場のほかに、 病院、郵便局、自動車学校、薬局、コンビニエンスストア、道の駅などに設置してあります。
記入方法を示したパンフレットもありますので、それを参考に記入してください。
また、インターネットを利用して、日本臓器移植ネットワークのホームページから臓器提供意思表示登録をすると、 登録した内容が記載されたカードが届きます。臓器提供の際に提供意思を検索しますので、より確実に提供の意思確認することができます。
なお、当協会にご連絡いただければ、送付いたします。

戻る



Q 3  臓器提供は誰でもできますか

A 3

がんや全身性の感染症で亡くなられた方は提供できないなど、実際の臓器提供時に医学的検査をして判断します。

戻る



Q 4  臓器提供する場合に年齢の制限はありますか

A 4

臓器を提供する場合、臓器提供適応基準では、おおよそ心臓60歳以下、肺70歳以下、腎臓70歳以下、 膵臓60歳以下、小腸60歳以下が望ましいとされています。
しかし、この年齢を越えた方でも、医学的に提供が可能である場合もあります。
また、臓器を提供する意思表示には15歳以上が有効となりますが、実際の提供については本人の拒否の意思がない場合、15歳以下でも 家族の承諾があれば提供が可能です。
提供しない意思表示については年齢制限がありません。そして、 カードに記入した意思はいつ活かされるかわかりません。年齢に関係なく、現在の意思を記入して、常時携帯してください。

戻る



Q 5  脳死下の臓器提供と心停止後の臓器提供の違いを教えてください

A 5

脳死とは、全脳の機能が停止して、元には戻らない状態をいいます。
脳死からの臓器摘出は、人工呼吸器によってまだ心臓が動いている状態のとき病室でご家族にお別れしていただき、 手術室へ運ばれ、摘出が行われます。
一方、心停止後の摘出は、心臓が止まって、病室でお医者さんから「ご臨終です」と告げられてから手術室へ移しての摘出となります。
しかし、腎臓・膵臓の移植の場合、心臓が止まって時間が経過すると各臓器への血流が途絶え、 急速に機能が衰えて、移植しても臓器が機能しない場合があります。
せっかくご提供いただく腎臓等の機能を確保するため、心停止する前から準備をする必要があります。
どちらの場合も主治医にカードを持っていることを伝えるか、 提供の意思があることを伝えて、主治医からバンクに連絡してもらってください。

戻る



Q 6  献体の登録をしたいと思っていますが、
献体登録をした場合も臓器を提供できるのでしょうか

A 6

献体は医学教育のためにご遺体を提供していただくことで、こちらは生前に登録をしていただくことになっています。
登録を行う機関によって対応が異なるようですが、岐阜大学医学部の場合は、献体登録する場合、臓器提供はできません。
献体に関しては、岐阜大学医学部 技術室献体業務担当 < 058−230−6190 > に問い合わせてください。

戻る



Q 7  臓器提供をする場合に費用の負担はありますか

A 7

臓器提供者(ドナー)側には臓器摘出にかかる費用は一切かかりません。
また、善意による提供なので報酬もありません。

戻る



Q 8  臓器はどこの病院でも提供できるのですか

A 8

心停止後の提供であれば、手術室のある病院で提供できます。
脳死での提供は当面の間、大学病院と日本救急医学会指導医指定施設、 日本脳神経学会の定める専門医訓練施設A項や救急救命センターとして認定された施設、 日本小児総合医療施設協議会の会員施設の約490施設に限られています。
岐阜県の脳死下臓器提供病院として公表されている病院は次の施設です。
  岐阜大学医学部附属病院
  岐阜県総合医療センター
  岐阜市民病院
  大垣市民病院
  中濃厚生病院
  岐阜県立多治見病院
  高山赤十字病院
  木沢記念病院
  松波総合病院

戻る



Q 9  臓器を提供する場合、手術の時間はどのくらいですか

A 9

提供する臓器によっても変わりますが、すべての摘出には4〜6時間程度を要します。
角膜の提供のみであれば、事前の説明からご遺体をお返しするまで1時間程度です。
角膜の提供は病院での提供だけでなく、ご自宅に帰られた後でも可能です。
連絡をいただけば手術の道具を持って、ご自宅に伺います。

戻る



Q10  遺体は、どんな状態で戻ってくるのでしょうか

A10

臓器の摘出術後、摘出手術の傷は残りますが、通常の手術傷と同様に、 からだは礼意をもって丁寧に扱われ、傷口は縫合して、清潔なガーゼでおおわれます。
その後、お身体をきれいにし、ご遺体をご家族にお返しいたします。
角膜の提供をいただいた場合も、眼球を摘出した後には義眼を挿入して、自然な表情になるようにいたします。
ご遺体を御家族の方に確認いただいてから、お返しいたします。

戻る



角膜・腎臓移植

Q 11  角膜の提供をしたいのですが、どうしたらいいですか

A 11

角膜を提供する場合、臓器提供意思表示カードなどがなくても、ご家族の承諾があれば提供することが可能です。
角膜の提供には特に年齢制限はありません。
白内障や老眼、近視などの視力障害があっても、角膜が透明であれば提供は可能です。
そのほかの医学的な提供条件について、連絡をいただいたときに確認させていただきます。
角膜は心臓死後、夏は6時間、冬は12時間以内に摘出することが望ましいので、なるべく早くご連絡ください。
お伺いするまでの間に、角膜が乾燥しないように両目を閉じ、ぬれたタオルで眼を覆ってください。

戻る



Q 12  角膜も脳死後に提供するのですか

A 12

角膜に関しては、脳死後に提供された場合と、心停止後に提供された場合とで移植の成績に特に差がありません。
そのため、脳死体から眼球を摘出する必要はなく、心停止後に摘出することが可能です。
心臓死後、夏は6時間、冬は12時間以内に摘出します。
臓器提供意思表示カードがなくても、ご家族からの承諾があれば摘出できます。

戻る



Q 13  角膜や腎臓のドナー登録はできないのですか

A 13

岐阜県では、現在ドナー登録は実施していません。
他の都道府県の腎バンク、アイバンクが独自で登録を受け付けているところはあります。
登録していても、家族が登録していることを主治医に伝えるところから提供の話が進みますので、 登録することでの臓器提供の進め方に違いはありません。
登録しなくても、意思表示カードに記入して携帯いただければ大丈夫です。

戻る



Q 14  以前、腎臓と角膜の登録をしました。
 そのカードはどうしたらいいのでしょうか

A 14

そのままにしておいて下さって結構です。ただし、記載されている電話番号が変更されていますので御了承下さい。 (現在の電話番号は058−215−6302)
ご自宅の住所や電話番号などが変更した場合には、修正しておいてください。
腎臓と角膜に関しては、登録をしていなくても、意思表示カードを持っていなくても、御家族の承諾により提供していただくことが可能です。
腎臓、角膜以外の臓器の提供にもご関心ありましたら当協会にご連絡ください。臓器提供意思表示カードをお送りいたします。

戻る



Q 15  腎臓移植を受けたいのですが、どうしたらいいですか

A 15

腎臓移植を希望の方は、登録をしていただく必要があります。
新たに登録を希望される方の募集は年1回(4月)県内の透析医療機関に案内しており、随時受け付けておりますので、透析を受けている医療機関に、気持ちを伝えておかれると良いと思います。
登録用紙に必要事項を記入して、(透析病院に記入していただく項目もあります)当協会に提出してください。
新たに登録される方は、当協会が指定した日に、移植施設である岐阜大学医学部附属病院腎移植外科外来にて、説明会を行った後、移植医が問診を行います。
移植適応であれば、登録のために血液検査を実施します。
なお、(公社)日本臓器移植ネットワークに登録するために、新規登録料30,000円のほか血液検査費用が必要です。
また、患者さんの状況は変化しますので、毎年岐阜大学医学部附属病院泌尿器科の受診及び毎年登録更新が必要です。
更新手続きについては、1月末頃(公社)日本臓器移植ネットワークから通知があります。
登録更新には、更新料5,000円のほか血液検査費用が必要です。

戻る



Q 16  なぜ、岐阜大学医学部附属病院泌尿器科を毎年受診しなくては
 いけないのですか

A 16

平成28年4月1日以降、腎臓の移植希望登録者の方が登録の更新手続きをする場合、腎臓移植を希望する施設(腎臓移植希望施設)で年1回以上の診察と評価を受けることが必須条件になりました。
新規登録受診以降、患者さんの状態を泌尿器科医師が把握していないと、実際に移植の順番が来た時に、移植不適応では非常に残念な結果となります。
このため、年1回の受診のご理解とご協力をお願いいたします。
また、受診時に必要な書類(情報シート・問診票・薬剤情報提供書・お薬手帳等)を必ず持参していただきますよう併せてお願いいたします。
詳しくは(公社)日本臓器移植ネットワークへ。

戻る