Home > 活動のお知らせ > 岐阜県院内コーディネーターについて

岐阜県院内臓器提供連絡調整員(院内コーディネーター)について

 岐阜県の臓器移植に関する事業の推進を図るために、 臓器提供に関して協力いただける医療機関からの推薦により、院内臓器提供連絡調整員(院内コーディネーター)が設置され、県知事名の委嘱状を交付されています。

 全国で唯一の臓器あっせん機関である(公社)日本臓器移植ネットワークの専任コーディネーターは約30名で、岐阜県臓器移植コーディネーター1名では、県内をカバーすることは難しいため、院内コーディネーターの役割は重要になってきます。

院内コーディネーター設置医療機関


院内コーディネーターは、 臓器提供があった際に(公社)日本臓器移植ネットワーク及び当協会と緊密にして、臓器の提供に関して患者・家族等を支援すると同時に、普段から日常的に臓器提供に関する情報を集め、所属する施設の職員に対して、臓器移植に関する普及・啓発などを行います。

 委嘱状の交付により、院内での位置付けがはっきりして、患者・家族の理解を得やすくなるとともに、個人の意識の向上につながります。

 現在、脳死下での臓器提供が可能な9医療機関及び脳死下臓器提供を行えるようマニュアル作成等、院内体制整備を行う3医療機関に総勢約50名の院内コーディネーターが委嘱されています。



前のページへ戻る
Home へ