Home > 臓器提供意思表示カードについて

臓器提供意思表示カードについて

 日本で臓器の移植希望登録をしている人はおよそ1万3千人います。 しかし、臓器の提供が少なく、数多くの方が移植を待ちながら亡くなられています。
 日本で事故や病気で亡くなる方は毎年およそ110万人です。 その1%弱の方が脳死になって亡くなると推定されています。
 わたしたちひとりひとりが臓器提供について考え、家族と話し合い意思を伝え合っておくことが大切です。
 ひとりの提供が数人の命につながります。
 法改正により、本人の意思表示が不明でも家族の同意で提供可能となりましたが、 一番大切なのは本人の意思です。臓器提供意思表示カードは、『臓器を提供する』という意思だけではなく、 『臓器を提供したくない』という意思も表示できるようになっており、どちらの意思も尊重されます。

臓器提供意思表示方法について

臓器提供意思表示カード 平成22年7月17日より意思表示カードが新しくなりました。

臓器提供意思表示カード(表)   臓器提供意思表示カード(裏)

 臓器提供についての意思は生前、臓器提供意思表示カードに自分の意思を残しておく必要があります。
臓器提供意思表示カードは、当協会、保健所、市町村の保健センター、郵便局、コンビニエンスストアなどに設置しています。

意思表示の方法として、

  • インターネットを利用して日本臓器移植ネットワークのWebサイトで意思登録する。
  • 被保険者証や運転免許証の裏面の意思表示欄に記入する。
  • 意思表示カードに記入する。

 上記の意思表示方法があります。
 もしものことがあった時、家族が判断に迷わないためにも、臓器提供について家族とよく話し合い、意思を表示しておくことが重要です。

 まだ、被保険者証や運転免許証に意思表示欄が設置されていないものをお持ちの場合は、 シールに記入して貼って表示することもできますので、各保険組合や免許の更新できる窓口にご請求ください。
 なお、登録カードなど複数のカードがあった場合、 最も日付の新しいものが有効なものとして取り扱われます。


また、携帯電話やパソコンからインターネットを通じて臓器提供に関する意思登録は
臓器提供の際には提供意思を検索しより確実に提供意思を確認することができます。

↓インターネットによる臓器意思表示登録はこちら ↓

(公社)日本臓器移植ネットワーク