Home > 腎臓・角膜移植について > 角膜のはたらき

角膜のはたらき

 角膜は、黒目の表面を覆っている透明な膜のことで最も外界に近い部分です。
 大きさは直径12ミリ、厚さは0.5ミリから0.6ミリ位で非常に薄いものです。
 眼球の網膜というフィルムの枠に像を結ぶためのレンズの役目をしていて、水晶体のレンズの強さの倍以上のパワーをもっています。
 この角膜のカーブが少し変わっただけで、かなり屈折の状態が変わってきます。
 角膜が少しいびつになっただけで乱視がでてくるのもこのためです。
 また角膜表面は常に涙で覆われていて乾燥と眼球内部への細菌感染を防いでいます。  この角膜が透明度を失って磨りガラス状になると、目の奥に結ばれる像は不鮮明なものになってしまいます。

角膜の病気

 日本で角膜移植を受ける患者さんの中で最も多いのが、水疱性角膜症です。
 水疱性角膜症は角膜の最も内側にある内皮細胞の機能が衰え、角膜中に水分が溜まってしまう病気です。

 角膜移植が必要となる病気は大きく分けて三つあります。

 1.外因的疾患によるもの:
     ウイルスの感染や細菌の感染等により、
     透明な角膜が濁ってしまうものです。

 2.遺伝的疾患によるもの:
     角膜の変成や変形等で、遺伝的な原因のものです。

 3.外傷によるもの:
     外傷、火傷、眼を傷つけるような事故、薬物の副作用、
     他の眼の手術による影響等があります。

 上記の状態の場合、角膜移植手術によって視力がもどる可能性が期待されます。