Home > 腎臓・角膜移植について > 角膜移植について

角膜移植について

 角膜移植とは先天性異常、内皮細胞代償不全、 角膜の傷に細菌やウイルスがついておこる感染後混濁、角膜変性症による混濁、角膜形状異常などの場合に行われる手術のことです。
角膜移植手術には大きく2通りの方法があります。

移植の方法としては、

 変成や混濁している箇所が浅い場合には、 患者さんの角膜の表層を交換する、表層角膜移植手術を行います。
 しかし、全体が濁ったり変性を起こしている場合には、全体を入れ替える全層角膜移植手術を行う必要があります。

 角膜移植手術は濁った角膜を取り除き、透明な角膜と取り換えるものです。
 したがって、前房、水晶体、硝子体などの病気のために失明してしまった人には効果がありません。


角膜移植手術の方法


 角膜移植は他の臓器移植に比べて免疫反応が少ないため、病気によっては手術の成功率は90%以上といわれています。