Home > 腎臓・角膜移植について > 臓器提供について

臓器提供について

 臓器提供は脳死後あるいは心臓が停止した死後にできます。
実際の提供にあたっては、迅速な移植手術に向かう準備が必要になります。
ですから提供の意思があることをいかに早くお知らせいただけるかにかかっています。
日頃からご家族の方にその意思を伝えておくことが望まれます。

臓器提供者(ドナー)側には臓器提供にかかる費用は一切かかりません。
また、善意による提供なので葬儀の費用や謝礼が支払われることもありません。


腎臓提供について
 提供される腎臓は、死後60分以上経過してしまうと移植に不適格となってしまいます。
心臓停止した死後は手術室のある病院で提供することが可能です。岐阜県での脳死下での提供施設は 岐阜大学医学部附属病院 ・ 岐阜県総合医療センター ・ 岐阜市民病院 ・ 大垣市民病院 ・ 岐阜県厚生連中濃厚生病院 ・ 岐阜県立多治見病院 ・ 高山赤十字病院 ・ 社会医療法人蘇西厚生会松波総合病院 ・ 社会医療法人厚生会木沢記念病院 の9施設となります。

<連絡先>
(公社)日本臓器移植ネットワーク
フリーダイヤル
0120−22−0149

 ご連絡後、移植コーディネーターがご家族に移植についてご説明し同意をいただきます。
提供者のHLA検査の実施及び摘出チームによる腎臓摘出が行われ、臓器移植ネットワークで選定された移植希望者(レシピエント)に移植されます。
摘出時間は約2時間で、その後処置をしてご遺族の方へご遺体をお渡しいたします。


角膜提供について
 角膜は、死後、夏は6時間以内、冬は12時間以内に摘出されることが望ましいとされています。 角膜提供は病院での提供だけでなく、ご自宅に帰られた後でも可能です。角膜が乾燥しないように両目を閉じ、濡れたタオルで眼を覆ってください。

<連絡先>
(公財)岐阜県ジン・アイバンク協会
058−215−6302
岐阜大学医学部附属病院
058−230−6000

 ご連絡後、専門の眼科医がご遺体の置かれている場所に出向き、ご遺族の同意を得て摘出を行います。
 摘出時間は約1時間で、その後提供された方に義眼を挿入し自然な表情になるようにいたします。外見は生前とお変わりありません。