Home > 腎臓・角膜移植について > ドナーについて

ドナーについて

 ドナー(臓器提供者)になるには、事前の手続きは必要ありません。
 ご自身の提供したいという気持ちを意思表示カード等で表示し、その意思をご家族に伝えておくことが大切です。
 平成22年7月17日に施行された改正臓器移植法により、本人の意思が不明な場合でもご家族の承諾があれば臓器提供できるようになりましたが、 もしもの時に家族が判断に迷わないためにも、臓器提供についての意思を表示しておきましょう。

 実際に臓器提供のお申し出を家族からいただいた時点で、それまでの罹患歴を聞いたり、いろいろな検査をし、提供ができるかどうか医学的な判断をいたします。
 意思表示カードには、過去や現在の健康状況や輸血歴にかかわらず、現在の意思を記入してお持ちください。

ドナー登録について

 当協会では平成12年度から登録制度を廃止しています。
 臓器を提供したい場合には、臓器提供意思表示カードに記載し携帯してください。
 過去に当協会にて登録されている方は、改めて手続きの必要はありませんが、 当時の登録カードに記載されている電話番号が変更になっていますのでご了承ください。