Home > 腎臓・角膜移植について > 脳死について

脳死について

 人は(1)心臓の停止(2)呼吸の停止(3)瞳孔の散大(脳機能の消失) という3つの徴候を確認した時点を心臓死としていました。
 しかし、医学の進歩により全脳の機能が停止して本来心臓死を迎える状況でも、 器械によって呼吸を維持し、心臓を動かし続けることができる場合も みられるようになりました。
 この状況を脳死といいます。全死亡者の1%弱の方が事故や脳卒中などによって脳死になり、 どんな治療をしても回復することはなく、脳死と判定された場合、多くは数日以内(長期間を要する例も報告されています)に心臓が止まります。
 意識がなく、脳死と同じように見える植物状態は、脳幹の機能が残っていて、自分で呼吸できることが多く、回復する可能性もあり、脳死とはまったく違います。


全脳死状態と脳幹死状態、植物状態の脳の比較


 日本では現在、脳死で臓器を提供する時に限り、脳死は人の死となりました。
 脳死下で提供できる臓器は、心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸、眼球で、心臓が停止した死後に提供できるのは腎臓、膵臓、眼球です。