Home > 腎臓・角膜移植について > 腎臓のはたらきと腎不全

腎臓のはたらきと腎不全

 腎臓は、体内で余分になった水分や塩分あるいはタンパク質が分解してできる尿素などの老廃物を尿として排泄しています。 このように、腎臓には体内の水分あるいは血液中に溶けている多くの成分を常に一定に保つ働きがあります。 その他、造血や骨の代謝に必要なホルモンの生成などの重要な役割をもっています。
 健康な人はのどがかわけば思う存分水を飲み、お腹がすいたら思いどおりの食事をとることができるのも、 常に腎臓が身体の内部環境を整えていてくれるおかげです。

腎不全と透析

 この腎臓の機能が極度に弱まる腎不全の状態になると、尿が十分に出なくなり、体内に老廃物がたまってしまいます。

 これを放置すると、尿毒症という重篤な状態になってしまうため、腎不全の患者さんは人工的に血液中の老廃物を除去する装置、 人工腎臓を用いた血液透析や腹膜透析を受ける必要があります。
 血液透析のための時間は、週2〜3回、1回あたり4〜5時間を要するため、 患者さんの通学、通勤などの社会生活や家庭生活へ大きな影響があります。腹膜透析では感染の危険性や入浴が困難などの問題があります。


 また、日常生活のなかで、食事の塩分や飲み水の激しい制限が課されます。

 現在の人工腎臓では、体に不可欠な成分の流出や本来の腎臓が持つ造血、 骨代謝などの機能までは補えないため、 特に成長期の患者では身体の生育がさまたげられるなどの問題点もあり、 腎不全に対する根治療法とは言えません。

 現在 腎臓移植は、腎不全の唯一の根治療法で、多くの患者さんが移植を待ち望んでいます。
 しかし国内の腎臓提供件数は献腎移植を希望する患者さんを大きく下回っており、
 患者さんの希望に応えることが難しい状況にあります。