Home > 腎臓・角膜移植について > 腎臓移植について

腎臓移植について

 前項でも触れたように腎臓移植は、腎不全などの唯一の根治療法です。
 腎臓移植とは、健康な第三の腎臓を腎不全の患者さんに移植することにより生理的な腎機能を与えるもので、腎臓は1人の身体に2個あり、健康な腎臓は1個だけでも通常の1人分の腎機能を果たす力があります。
 腎臓移植の技術としては、提供された腎臓が移植患者の体の中で拒絶反応を起こさないように、 赤血球や白血球の型(HLA型)を検査して、適合する患者を選定するほか、最新の免疫抑制剤を使用するなどの方法が採られています。
 移植の方法としては、献腎移植と生体移植というものがあります。

献腎移植
 献腎移植とは、脳死又は心臓停止後の提供者からの腎臓を移植する方法です。
健康な腎臓をお持ちの方が急病や事故で死亡された時に(生前に書面により脳死判定を受け、脳死の状態で臓器提供をする意思を表示していた場合を含む)、ご遺族の同意を得たうえで、その腎臓の提供を受け、腎不全患者に移植します。
生体移植
 生体移植とは、患者の親、兄弟など肉親の1人から、その生存中に片方の腎臓をもらって、移植を行う方法です。
 生体腎移植について社団法人臓器移植ネットワークと当協会は関わっていません。

提供された腎臓は、下腹部の左右どちらかの膀胱に近いところに移植されます