Home > 腎臓・角膜移植について > 献腎移植を受けるには

献腎移植を受けるには

 献腎移植を希望する場合は、社団法人日本臓器移植ネットワークに登録する必要があります。
 岐阜県の献腎移植登録に関する手続きは、当協会が窓口となって行います。

献腎移植新規登録の流れ

1.移植施設の選択・受診日の決定
 移植希望の方は透析担当医もしくは透析施設の献腎移植登録担当者にご相談ください。
 岐阜県内の移植施設を希望する場合、年2回(4月と10月)岐阜県ジン・アイバンク協会より各透析施設へ希望者の募集を行います。(平成27年度より随時受付可能)
(岐阜県内の献腎移植実施施設は、岐阜大学医学部附属病院のみとなります)
 登録用紙に必要事項を記入し、各透析施設の担当者へ提出してください。
 登録希望者へ当協会より、移植医との面接日程をお知らせします。 決められた日時に岐阜大学医学部附属病院(腎移植外科)に来院してください。

 岐阜県外の移植施設を希望する場合は各移植施設により異なりますので必ずご自身で移植希望施設へ確認してください。
2.移植施設へ受診及び診察・組織適合性検査
 受診時には健康保険証・障害者手帳を持参してください。 また、透析の経過や現在の状態をまとめた主治医からの紹介状があると移植を受ける適応があるかどうか参考になります。
 移植医により登録の適応を判断し、採血(HLA検査・保存血清)を行います。
 検査は採血のみですので食事をとっていただいてもかまいません。

 登録希望者は「新規登録料払込取扱票」を受け取り、登録料30,000円・検査料5,000円を払い込んでください。
 ただし、生活保護世帯または住民税の非課税世帯の方は、所定の手続きにより新規登録料30,000円が免除されますので、 払い込みを行わずに必要書類を日本臓器移植ネットワーク 医療本部宛にお送りください。
(必要書類は生活保護世帯は生活保護受給証明書、 住民非課税世帯は「世帯全員」と記載のある住民票・「世帯全員」の非課税証明書(年齢に関わらず)です)
 一旦払い込まれた登録料は返金できませんので、ご注意ください。
3.ネットワーク登録とご本人様への登録完了通知の送付
 日本臓器移植ネットワークにて、新規登録用紙の受領と、献腎移植新規登録料の払い込み (または免除書類到着日)の二つが確認された時点で登録を行います。
新規登録料の払い込み(または免除書類)が確認できない場合は登録が完了しません。
登録日については
201X年4月15日に新規登録用紙をネットワークにて受領
201X年5月01日に新規登録料(30,000円)払い込み
              (または免除書類到着日)
  → 登録日は201X年5月05日
    どちらか遅い方の日付が登録日になります。
    登録日から待機期間がカウントされます。

 日本臓器移植ネットワークでの登録完了後、 約10日前後で登録者ご本人様宛に「腎臓移植希望登録手続き完了のお知らせ」が送られてきます。大切に保管してください。
 以上で新規登録完了です。

次年度からの登録更新について

 一年に一回(1月頃)日本臓器移植ネットワークから献腎登録を継続されるか否かの登録更新お知らせが届きます。  更新料は5,000円です。

 新規登録料と同様に、生活保護世帯または住民税の非課税世帯の方は更新料が免除されますので、 払い込みを行わずに免除に必要な書類を日本臓器移植ネットワーク 医療本部にお送りください。この書類の提出は更新のたびに必要です。
 一旦払い込まれた登録料は返金できませんので、ご注意ください。

 岐阜県では毎年5月頃、各透析施設で採血を実施し、検査センターで冷凍保存しています。検査料(自己負担分)は2,000円です。
 4月に「振込依頼書」を送付いたしますので各自払い込んでください。